忍者ブログ
オーストラリア・シドニーへ本物のアロマセラピーの勉強をする為に2004年に日本を旅立ちました。そこで待っていたのは、予想を遥かに超えた勉強の毎日。私は医者になるのか?と自問自答する毎日(お医者さんごめんなさい><) AUSのアロマ事情は日本よりかなり先端を走っていました。”リラックスだけのアロマ”より”医療の現場で行うアロマ”。又オーガニック事情も遥かにlife styleに浸透していました。 現在、大阪北区中崎町でslow Care parlourを運営しています。身体に効かせるマッサージを行っています。是非遊びに来て下さい。 ☆pls have a look at our website☆ http://www.organicbotanics.jp/ アロマに包まれた生活を目標にしてます♪
[24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ユーカリ

オーストラリアの原木、ユーカリの葉から抽出されたオイル。揮発性が強く、メンソレータムのようなさわやかな香りがします。オーストラリアの原住民、アボリジニにより長年愛用されてきた、オーストラリアの代表的オイルです。

呼吸器系への作用
ユーカリオイルには、粘膜系の症状を緩和する働きがあるので、アレルギー性鼻炎、花粉症、風邪の際の鼻詰まり、ぜんそく、のどの痛み、咳の時に使用します。


筋肉・骨格系への作用

筋肉痛、ねんざ、リウマチ、関節炎に。

循環器系への作用

ユーカリオイルには循環促進作用があるので、腫れた腺や痔を緩和させます。

免疫系への作用

風邪、インフルエンザ、水疱瘡、はしか、コレラ、その他発熱を起こす感染症に。ユーカリの成分は免疫系を刺激し、空気感染を予防します。

内分泌系・生殖器系への作用

ユーカリオイルには利尿作用があり、膀胱炎、膣炎、帯下などの感染症を緩和。

神経・心への作用 

軽い頭痛の時、ズキズキする部分に少量のユーカリオイルを直接塗り付けます。但し、これはオーストラリア版「おばあちゃんの知恵」。また、筋肉の疲労時にはお風呂に数滴入れたり、キャリアオイルと混ぜて患部をマッサージしたり、外傷と同様に湿布をすれば効果が望めます。
また、ユーカリオイルは覚醒・眠気防止にも役立ちます。蒸し暑い日にユーカリの香りをかぐと、気分がリフレッシュされます。お風呂に数滴たらしてもいいです。

スキンケアに

ユーカリオイルは外傷、火傷、炎症や虫食われ跡に使われます。数滴オイルをたらしたお湯に綿布(タオルでよい)を浸し、軽く絞ったものを患部に充て、気持ちよく感じる間、放置してください(湿布法)。布が冷めたら、また同じことを繰り返します。
 
キャリアオイルと混ぜたものを直接患部にマッサージしながら擦り込んでも同じ効果があります。 
しかしあまり美容の分野でのユーカリさんの登場は少ないです。

★ユーカリの種類
ユーカリオイルにはオーストラリア産のラディアタ、ブルーガム(グロブラス)、ブルーマリー、スミシー他、沢山の種類があります。

禁忌

皮膚刺激の可能性があります。濃度にはご注意ください。また、呼吸器経由で吸入する場合には超低濃度(香りがしないくらい)に抑えてください。また、KIDSへの使用は避けたほうがよいでしょう!

洗濯機に数滴。汚れの落ちが違います。
ブーツやスニカーの中に、ユーカリを落としたテイッシュを入れておくと抗菌作用
部屋ではいつもユーカリと柑橘系の精油をブレンドしたものをたいてます
洗面器にお湯を半分ほどはり、そこにオイルを1滴たらし、あがってきた蒸気を吸い込んでください。鼻炎の方は鼻から、のど、気管支系のトラブルの場合には口から吸い込みます。頭からバスタオルをかけて蒸気が逃げないようにして吸い込むと、効果が上がります。但し、オイルの量が多すぎると思い切り吸い込んだ時にむせますので、要注意
胸がゼイゼイする時に、ビックスヴェポラップの要領で、キャリアオイルやジェルに混ぜて胸に直接擦り込むと効果あり

ユーカリを使う準備は出来ましたか?
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新TB
プロフィール
HN:
Botanic Therapy
HP:
性別:
女性
職業:
IFA認定セラピスト(国際アロマセラピー連盟)・講師
趣味:
犬の散歩
自己紹介:
3ヶ月のNewZealand留学から海外へ目覚め旅行に目覚めた私。
韓国→ニュージーランド→アメリカ→メキシコ→フランス→香港→タイ→グアム→ハワイ→オーストラリア→香港→マカオ→イタリア→フランス→イギリス→プーケット→韓国→ベトナム→台湾→オーストラリア→香港→タイ→ドバイ→トルコ→インドネシア→オーストラリア→ノルウェー→デンマーク→オーストラリア→そして又オーストラリア×5
とにかく行きまくった20代前半。次はインドとエジプトのピラミットを見に行きたい。
アロマセラピーを勉強したいと思い2004年オーストラリアへ旅立ちました。オーガニックや自然療法の先進国であるAUSでたくましくなり2007年帰国。もっと日本に本格的なアロマが広がればいいなと思う私が管理人です。”アロマに包まれた生活を”
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]